制振工学研究会入会案内

主要な活動 配布物 講習会 見学会 出版物 入会資格 年会費 入会申込
 
制振工学研究会は制振材料メーカ,ユーザ,中立研究機関,大学等の研究者・技術者を核に,昭和63年に設立され.我が国における制振材料,計測評価,利用技術の進歩発展に大きく貢献して参りました.
制振技術は学際的な分野であるため,機械,音響,化学,物理,接着,高分子,建築,自動車,家電,OA機器,船舶,航空機,計測器信号処理等幅広い分野の会員から構成されて,多岐に亘った分野の情報収集の便を計っております.
研究活動の概要
制振技術の発展と企業の技術者の育成を目的に,制振技術全般に関する試験・研究や技術成果の発表,技術者相互の情報交換の場の提供を目的に分科会,委員会,技術発表会,講習会、見学会の開催と各種出版物の発行を行っています.
【主要な活動】
  技術交流会 毎年12月に開催し,研究者・技術者による研究論文講演及び制振工学研究会の分科会,委員会,WGの活動成果を報告いたします.
  分科会,委員会,WG活動 5分科会,2委員会を中心に5つのワーキンググループ(WG)を設け,会員は自由に活動に参加して,試験・研究結果や各種情報の共有をはかることが出来ます.
2015年7月現在の各会議体の構成は以下のようになります.
(1)文献調査分科会
(2)計測・評価技術分科会(2WG) 
   @音響管計測WG2
   A粘弾性特性比較検討WG
(3)利用技術分科会(2WG) 
   @建築(住宅)における制振材料利用技術WG,
   A事例研究WG
(4)材料技術分科会
(5)教育研修分科会
(6)会報編集委員会
   @ホームページWG
(7)情報委員会
(8)振動音響解析WG
配布物
  毎月初めに,研究会の行事予定,各分科会,委員会,ワーキングループ(WG)の活動予定,会員消息と関連学協会の行事案内を記載した「研究会通信」を,メールマガジンとして配信しています.
  定期的に技術情報や蓄積された技術・知識を「会報」にまとめ,会員に年二回配布しています.
  制振工学研究会に登録された会員,会員以外の方に,不定期に各種イベント案内や情報を配信しています.
講習会
  制振工学全般にわたる基礎,計測技術,解析技術,利用・応用技術の習得等を目的とした講習会や吸音材料の計測技術関連の講習会を実施しています.
見学会
  年1回〜2回開催し,個人レベルでの見学が難しく,会員の希望の多い施設の見学会を実施します.見学会はどなたでも参加できます.
出版物
  分科会やWGの活動成果は,各種学会や制振工学研究会の12月の技術交流会で報告しています.また,活動が終了した時点で成果内容をまとめ,電子ファイルで会員および会員外の皆様に安価に提供しています.
入会資格】
  法人会員 本会の趣旨に賛同する企業・団体.
A会員: 中小企業基本法第2条に相当する企業団体
B会員: 上記のA会員以外の企業・団体
  個人会員 本会の趣旨に賛同し,各種会合に積極的に参加する個人
  学生会員 本会の趣旨に賛同し,会の行事等に積極的に参加する学生
年会費
会員の種類 会費
法人会員 A会員 36,000円
B会員 50,000円
個人会員 6,000円
学生会員 3,000円
申し込み用紙に所定事項を記載し,事務局宛てにお電話またはFAXをお願いします.
入会申込
  オンライン申込 法人A,B会員 個人会員または学生会員
  オフライン申込 申し込み用紙 お電話またはFAXをください