制振工学研究会規約

第1条名称および事務局本会は,制振工学研究会と称し,事務局を役員の所に置く.
第2条目的および活動本会は,制振材料に関する技術を中心に,その周辺技術も含めた技術の向上を図ることを目的とする.制振材料等に関する技術課題について調査・研究し,また会員相互の技術情報を交換するなど,目的の達成に必要な活動をする
第3条会員種別とその権利会員の種別およびその権利は,次のとおりとする.
(1)法人会員 本会の趣旨に賛同する企業・団体.本会員となっている企業・団体は,各種の会合に複数の者が出席できる.なお,法人会員は,次の2種類とする.
 A会員:中小企業基本法第2条に相当する企業・団体
 B会員:上記A会員以外の企業・団体
(2)個人会員 本会の趣旨に賛同し,各種会合に積極的に参加できる者.
(3)学生会員 本会の趣旨に賛同し,各種会合に参加できる者. 
(4)特別会員 本会の趣旨に賛同する者で,役員会が特に認めた者.
第4条入会本会の会員になろうとする者は,役員会の承認を受けなければならない.
第5条退会会員で退会しようとする者は,会費を完納したうえ,退会届を提出しなければならない.
第6条役員本会に次の役員をおく.
 1.会長1名
 2.副会長2名
 3.幹事若干名
 4.監事2名
2 会長は,本会の業務を総理し,本会を代表する.
副会長は,会長を補佐し,会長に事故あるとき,会長があらかじめ指名した順序によってその職務を代行する.
第7条任期役員の任期は2年とする.但し,再任は妨げない.
第8条顧問本会に顧問をおくことができる.但し,役員会の承認を受けなければならない.
第9条機関本会に次の機関をおく.
1.定期総会
2.臨時総会
3.役員会
4.分科会
第10条総会総会は次の事項を議決する.
1.予算および決算
2.会費
3.役員の選出
4.規約の改正.
5.その他特に重要なこと
第11条総会の議決総会の議事は,出席会員の過半数で決し,可否同数のときは,議長が決める.
第12条総会の議決権法人会員および個人会員は,各1個の議決権をもつ.また,議決権の行使を,他の出席会員に委任することができる.
第13条役員会役員会は次の事項を行う.
1.会の運営および執行に関すること
2.その他役員会が必要と認めること
第14条役員会の議決議事は,出席者の過半数で決し,可否同数のときは,会長が決める.
第15条定例会定例会は,会員の話題提供,技術報告,研究発表,分科会における調査・研究の報告,講演会その他目的達成に必要な事項を行う.
第16条会費会費は,年額次のとおり定める.
1.法人会員
 A会員36,000円
 B会員50,000円
2.個人会員6,000円
3.学生会員3,000円
4.顧問および特別会員はこれを徴収しない
5.既納の会費はこれを返還しない
第17条経費本会の経費は,会費,寄付金およびその他の収入をもってあてる.
第18条会計年度本会の会計年度は,毎年7月1日に始まり,翌年の6月30日に終わる.
第19条会計監査監事は,経理状況を監査し,定期総会に報告する.
第20条規約の変更この規約の変更は,役員会および総会において,出席者のおのおの4分の3以上の議決を経なければならない.
第21条解散この会の解散は,役員会および総会において,出席者のおのおの4分の3以上の議決を経なければならない.
第22条補足この規約にない事項については,役員会の合議により決定する.
(付則)
この規約は,昭和63年7月1日から施行する.
この規約は,平成3年7月1日から施行する.
この規約は,平成5年8月20日から施行する.
この規約は,平成10年12月21日から施行する.
この規約は,平成26年7月1日から施行する.